自然の中で「ソロキャンプ」を体験してみよう

「ソロキャンプ」という言葉をご存知でしょうか? これはその名の通り、一人(ソロ)でキャンプをするというものです。「たった一人で行っても楽しめるものなの?」と不安をお抱えになる方もご安心ください。ソロだからこそ楽しめるキャンプを一度でも知れば、どっぷりとハマってしまうかも?

道具を揃える準備から

キャンプですから、自然豊かな場所で時間を過ごします。これがあれば便利だな、これがなければ大変だ!というものをピックアップしていきます。

・一人用のテント: 条件は「軽い」「耐久性に優れている」「設置が簡単」この3つにこだわりましょう。

・寝袋: マミー型と呼ばれる人型になったタイプだとコンパクトで持ち運びに便利です。夏は暑いからいらないだろうという安易な考え方は命取りです。街の中と違って自然の中は気温が比較的低いですから必ず準備しておきましょう。

・タープ: 日差しが強い日や雨が降った時に道具を守るために必要です。大きさはテントの入り口から道具を設置した場所まで覆うサイズがベスト。光を通すタイプだと手元が暗くならず、見えにくい状態を回避できます。

・テーブル: 折りたたみのミニサイズがあればOK。食事をするときにテーブルがあるかないか、この違いは雲泥の差です。

・椅子: コンパクトにしまえるタイプがベストです。地面に直接座るのは立ったり座ったりが結構億劫で予想以上に体力を消耗します。布製の折りたたみ式ならコンパクトですし軽くてオススメです。

・ステンレス製の食器: 使い終わったら捨てればいいから紙製で、という考えもありますが、今後もソロキャンプを楽しむなら何度も使えるタイプがいいでしょう。紙タイプはゴミになるので、自然に優しくありませんからね。

・ストーブ: この場合は調理用として用意します。本格的に楽しむとなれば炭をおこすのがいいですが、ソロキャンプなので出来るだけ荷物を最小限に抑えることを考えるとホワイトガソリンなどを使う小さめのストーブがオススメです。

・ランタン: アルコールランプで雰囲気を楽しみたい気持ちもありますが、手軽さを重視したいので電池式のランタンがいいでしょう。電池式ならテントの中でも使えるので安心です。

道具を揃えたら今度は場所選び

ソロキャンプに適した場所は日本全国色んな場所に存在しています。遠出をせずにご近所で、日帰りキャンプだって楽しめます。このとき、場所の情報だけでなく、どんなキャンプ場なのか下調べが必要です。キャンプ場の中には有料、無料とありますので、できるだけお金をかけずに楽しむなら無料のキャンプ場にこだわって探してみましょう。

食材選びも楽しみのひとつに

自然の中なら何を食べても美味しいのですが、ストーブがあれば焼き料理が一番手っ取り早いですね。一人焼肉を想像すれば、どんな食材があればいいか分かりやすいでしょう。現地で手間をかけないためにも、食材はあらかじめ切っておいて、あとは焼くだけ状態にしておけば簡単です。お酒が好きな方ならソロキャンプ用に特別なお酒を用意してもいいですね。

ソロキャンプの醍醐味は、町の雑音から開放されることではないでしょうか。自然の中に身を置けば、それだけで体も心も存分に癒されます。一度道具をそろえてしまえば、その後は食材のみを調達すればいいというのも魅力のひとつです。言い忘れましたが季節問わず、自然の中には虫がいるので、虫刺され用の塗り薬やコードレスの虫除けがあればいいですね。虫が苦手!という方でもソロキャンプにハマってしまうそうですよ。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA