メガ・アーティストのライヴに1人で参加しよう

メガ・アーティストのライヴはスタジアムやアリーナなどの大きな会場がメインになりますから、本当にさまざまな人が訪れます。スタジアムを超満員にするようなアーティストはそれだけ求心力があるということですから、敢えて1人で観ることでアーティストのパフォーマンスに集中したい、という人も多いようです。

日本でメガ・アーティストといえば、例えばドリームズ・カム・トゥルーは「ドリカム・ワンダーランド」と題して巨大テーマパークのようなスタジアムライヴをおこなっています。チケットをとるのも一苦労かもしれませんが、足を運んでみれば楽しめるはず。バラードも多いですが、ノリノリな曲も多いドリカムは、さみしさとは無縁のエンターテイメントで1人でも楽しめると思います。一緒に歌うのも1人で全然恥ずかしくありません。

気合いを入れて1人で参加

長渕剛のライヴは気合いを入れて行きましょう。ファンの熱も物凄く、会場の周りにはいつも長渕風のファッションに身を包んだファンたちが大勢集まり、本番のライヴまでにギターの弾き語りをしている光景が見られます。ライヴまでに自分でライヴをおこない、さらに客席で大声で歌うのですから気合いが違います。できれば開演までは大人しくして、ライヴ中は長渕の繰り出す拳に合わせて腕を突き上げましょう。さらにヒット曲の数々を一緒に歌いましょう。1人で参加していようと大勢だろうと、ライヴが始まれば全員1人できているのと同じですからね。余裕があれば周囲の長渕ファンの気合いの入り方を観察してみるとよいかもしれません。

矢沢永吉のファンはとにかく目立つ

もう一人、メガ・アーティストの代表格といえば矢沢永吉です。60歳を過ぎてもまだまだ現役バリバリなのはさすがです。永ちゃんのライヴにはやはり集団で登場する気合いの入った髪型と服装の方々が多いと思います。しかしあなたまで徒党を組むことはありません。1人で参加している普通の方も多いのでご安心を。永ちゃんのライヴではお決まりのコールやタオル投げがありますので、事前にYouTubeで観ておくと良いのではないでしょうか。盛り上がっても周りの怖そうな永ちゃんファンと揉め事にならないように、腕をふりあげたりタオルを投げるときは周囲に気を付けてやりましょう。楽しんでいる最中にいちゃもんをつけられたりするのは嫌ですよね。

巨大な会場では1人で参加している人が沢山来ていますので、他にお一人様を発見したら話しかけてみると、同じアーティストのファン同士、仲良くなれるかもしれませんよ。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA