のんびり各駅停車の旅をしてみよう

毎日仕事でくたびれはてて、ため息ばかりをつきながら、帰りに会社の同僚とお酒を飲みに行くと、上司の悪口と会社の愚痴を聞かされてせっかくの料理も酒もだいなし、なんていうことはよくあることです。余計ストレスがかかりますよね。そんなときは休日に目的地を決めずにひとり旅に出ることがストレスをため込まないようにするいい方法です。

何も決めずに各駅停車ででかけよう

遠くに旅行に出かけるとなるとかなり準備も必要ですが、それでは負担になってしまいます。敢えて近場にしか行けない各駅停車の電車で、のんびり揺られながら移動する旅に出ましょう。旅先で帰りたくないほど遠くに行ってしまったのなら一泊する、そのくらいの準備で済むくらいの気軽さがほしいところです。友達や家族との旅行ではそうはいきませんが、おひとり様なら問題ありません。

仕事や会社、人間関係も全部忘れましょう

自宅にいたり、地元で何かをしているとどうしても余計なことを考えてしまうものです。しかし電車に乗っている間は他のことは何も考えなくて良いです。どうせ考えても電車の中ではどうすることもできません。

特急や新幹線に乗ると、お金がかかります。しかし時間の余裕さえあれば、いくらでも安い方法で遠くまでいけます。各駅停車の乗り継ぎの際に、できるだけ安い電車をスマホなどで検索しつつ行ってみると良いでしょう。行き先を決めてしまうとつまらないので、今日一日は1人でどこまでも好き勝手にしようという気持ちが大事です。

各駅停車の旅では、所々で下車することも有りです。お腹がすいたら、駅で何かを買うよりも実際に下りた街で何かおいしそうなものを探してみましょう。ここからはお一人様の本領発揮です。旅先でももちろん1人で飲食店に入れるのがお一人様が日頃から鍛えられているところ。見知らぬ土地ならばなおさら気楽に入れますよね。

途中、昼間からビールを飲んでみたりするのも良いかもしれません。酔ってしまったのなら、電車の中で気がすむまで寝てみましょう。電車の中はガタンゴトン揺られて本当に気持ち良く眠れるものです。

各駅停車の旅が途中でつまらなくなったとしたら、あなたはどうしますか?ルールに沿って各駅停車の旅で自宅へ戻りますか?いやいや、それではお一人様としてでかけている意味はありません。突然帰りたくなったのなら、帰りたい方法で帰りましょう。いきなり電車を降りてタクシーで帰宅しても良いですし、バスでも良し、なんなら飛行機で帰っても全然かまいません。誰に気兼ねすることなく行動することこそがお一人様ならではの自由さです。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA