【初級編】カラオケに行ってみよう

お一人様の飲食や娯楽に挑戦してみたいけど、何から始めて良いのか分からないと言う方もいるのではないでしょうか?そんな方のために、今回は初心者編として、ひとりカラオケについてご紹介します。デビューしてみたい方はご一読下さい。

まずは勇気を出して入ってみよう

ひとりカラオケを制覇する第一関門は入店でしょう。店員さんに「この人ひとりで来ているよ…」と、思われたくない方もいるかもしれません。しかし、「何名でご利用ですか??」と聞かれたら、勇気を出して「1人です!!」と言いましょう。
店員さんには、「この人は、単純に歌が好きな人なんだな」と思ってもらうことが出来ます。また、ここで気にしていては、せっかくエンジョイ出来るカラオケが、台無しになってしまいます。自信を持って入店しましょう。

1曲目を歌う前に…

歌っている姿を店員さんに見られたくないという方は、歌いだす前に、飲み物や食べ物は注文しておきましょう。店員さんがドリンクやフードを持って来た後は自分を解放してガッツリ歌いまくってください!

ちなみに…あるものを食べると声が出る!?

カラオケにある食べ物の中でも、「からあげ」を食べると、声が出やすくなるそうです。油が、のどの通りを良くしてくれるのだとか。他にも、あったかいお茶などを歌う前に飲むと、のどの筋肉が柔らかくなり良いそうです。

好きな曲を入れたら

自分の好きな曲を入れたら、あとは心ゆくまで歌いましょう。周りも全く気にしなくて良いので、叫んだり熱唱したりして思い切り楽しむことが出来るでしょう。 最近では、ひとりで歌う際にサポートしてくれるさまざまな機能があります。デュエットのグループの場合、1人分のパートを本人が歌ってくれて、もう1人分を歌って楽しむ機能は、まるでアーティストと一緒に歌っているような感覚にもなります。 採点機能も進化しています。リアルタイムで、同じ曲を歌っている方達とバトルをする機能もあるそうです。

「満足!!」と思うまで楽しんだら

お一人様の方の中には、疲れ果てるまで楽しむ方も少なくありません。ひとりの時間を思い切り楽しんだら、普段の生活の活力にもなるでしょう。是非、ひとりカラオケで、お一人様デビューをしてみませんか??

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA