歌舞伎を観に行ってみよう

海外から来た方に日本の文化を紹介するときに、なにが思いつきますか?すきやき、てんぷら、ラーメン、おっと食べ物ばかりじゃだめですよ。文化としてまっさきに思い浮かぶ日本独自のもの、それは歌舞伎です。しかし肝心の日本人自体が歌舞伎をみたことがないというのもおかしな話ですよね。

お一人さまでも気楽に観られる歌舞伎

歌舞伎のイメージは堅苦しい上に高額なのではないか、ということです。しかし「一幕見席」というものがありますので、まずここから見てみましょう。歌舞伎は通常、昼の部、夜の部に別れており、それぞれの部で2つから3つの演目が上演されます。

場所は遠いがとにかく安い

「一幕見席」は1つの演目だけを見る料金形態になっています。舞台から一番離れている席なので、何回も観に来ている歌舞伎通の人が利用することも多いところです。舞台の役者に向かって「成田屋!」とか「音羽屋!」などと声をかける人をテレビでみかけたり聞いたことはありますよね?そういう人たちを観察もできそうです。

料金は1,500円から2,500円とリーズナブル。ただしこの席は予約ができず、専用窓口で販売される席ですので、観たいお目当ての演目があるときは早めに行って並ぶと良いです。

初めての時は、「どうせ観ても意味がよくわからないので楽しめないのでは?」と心配されるかもしれません。しかし最初から警戒するよりも、なんだかわからないけど面白そう、という好奇心で舞台を観てみましょう。話の筋を理解しようとするならばテレビなどで歌舞伎の見方の予習も必要かもしれません。

普段は普通の格好で観る事が多い市川海老蔵や市川染五郎、中村獅童など、テレビでもおなじみの顔ぶれの本業をみることができるのも嬉しい所です。有名役者のテレビとは違った真剣な演技を観られるだけでも面白いかもしれません。

また、初心者にはうれしいサービスとしてイヤホンガイドがあります。歌舞伎を楽しむために、イヤホンガイドで今舞台で何が起こっているのかを解説してくれます。初めてみたときは舞台を観る事と解説を聴くことでいっぱいいっぱいかもしれませんので、一度観に行ってもう一度楽しめそうな興味を持てたなら、今度はしっかり全公演を観に行きましょう。

外国人におすすめしていながら自分達自身が知らなかった文化として歌舞伎は未知の分野ですよね。興味を持ったなら、まず1人で観に行って、詳しくなれば周りに一目おかれて仲間が増えるかもしれませんね。是非初めての歌舞伎に1人でチャレンジしてみてください。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA