卵料理を覚えよう

独り暮らしで敬遠しがちな卵の10個パック。いくつかのバリエーションを覚えると、意外と簡単なおかずとして楽しめるのをご存じでしたか?安いからと買っても、気づくと賞味期限が切れて無駄にしてしまうともしばしば。今日は、これさえ覚えたら、無駄にしない!という卵の活用術をご紹介していきます。

独り暮らしに卵は要らない?

日頃、料理をしない人にとっては、縁がないと思われがちな生卵のパック。土日のタイムセールに100円になることもあるほど、どの家庭の冷蔵庫にもある食材といっても過言ではありません。

しかし、独り暮らしとなると、とたんに買うことをためらってしまう、卵。家で夕飯を作る習慣がない人には、全く無縁といってもいい食材です。外食もいいのですが、それが毎日になると飽きてしまうもの。炊飯器でごはんを炊いて、卵かけごはんに味噌汁なんて簡単な食事も、久しぶりに食すると涙が出るほどおいしいものです。

料理が苦手な人でも可能なら、白いお米を炊くということをチャレンジしてみてください。炊き立てご飯に卵は最高のお伴です。

こんなにある、簡単卵料理

卵焼き用の小さな四角型のフライパンは、小さいので独り暮らしにオススメ。このフライパンに煮干を100ccほどの水で煮立て味が出たところに、濃い目の味噌味を付けます。そこへ溶き卵3~4個を投入し、全体に固まればOK。味が濃すぎたら、卵を追加で入れたら味の修正も可能です。1回に使う卵の量が少ないとその分減りも少ないもの。一気に料理にしてしまえば、次の日はレンジでチンするだけです。

少し慣れてきたら、鶏ひき肉を合わせてみましょう。ひき肉はモモでもムネでも、どちらでも大丈夫ですが、オススメはモモ肉。フライパンでひき肉を炒め、しょうゆと砂糖で味付けします。少し汁を多めにすると卵に味がいきわたります。調味料を合わせるのが面倒なら、"めんつゆ"を代用しても大丈夫です。ひき肉に火が通ったら、溶き卵を3~4個を入れ、かきまぜながら卵に火を通していきます。あれば、青山椒と一緒に鶏に火を入れるとピリ辛で何杯でもごはんがすすみます。

振る舞える、おしゃれ卵料理

卵料理を覚えたら、女性のお客様をもてなすことも夢ではありません。難しそうで簡単なのが、オムライス。炊いたご飯を炒めて、ケチャップ、塩、コショウなどで味を付けるだけの簡単料理。具は、ハムや野菜をお好みで…。フライパンが一つしかなければ、できあがったケチャップライスをボウルなどの容器に移します。

次に上にかける卵の調理。熱したフライパンに溶き卵2個を入れ、完全に固まる前に、真ん中にごはんを配置。半円の卵をごはんに覆わせるようにして折り返したら、あとは大きなお皿をフライパンに被せてひっくり返せばできあがり。初めはうまくいかなくても、何度もやるとコツがつかめます。

オムライスを振る舞う準備が整ったら、家でデートもありですね。盛り上がればそのままお泊りになるパターンもありそう。付き合って初めてのお泊りなら、彼女に恥をかかせたくないのは男心。そんな時に備えて、バイアグラを準備しておきましょう。今はバイアグラもジェネリックがあるのをご存じでしたか?男性用クリニックで先生に希望をすれば処方してもらうことも可能です。ジェネリックならお財布にも優しいので、値段をそこまで気にしなくていいのがオススメのポイントです。

独り暮らしで敬遠しがちな生卵。料理が苦手という人も簡単にチャレンジできる卵料理から始めてみてはいかがでしょうか?

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA