お一人様こそ断捨離生活

昔好きだったキャラクター、以前ハマったブランド品。歳を重ねるうちに好みも変わり、着ている服も決まったものばかりという人は多いはず。必要なものだけで暮らす「断捨離生活」で心も身体もすっきりさせてみませんか?なかなか実現できない人も多い断捨離のきっかけと成功の秘訣を迫っていきましょう。

断捨離を目指す人はなぜ多いのか

一人暮らしをしたことがある人なら、一人暮らしして直ぐに入った部屋がいかに美しく、広かったかということを思い出してみてください。あんなに広々として輝いていた部屋は、いつの間にかモノで溢れかえり、次の引っ越しの時は、いかに日頃からムダなものを買っていたのだろうと自分を恨むのです。安売りで買って得したはずが、賞味期限切れ捨ててしまい結局損をするという日常。

もうこんな生活は嫌だ…と気づくと始めたくなるのが、断捨離。日本人特有のもったいない精神でモノをいつまでも捨てられず、ぎゅうぎゅう詰めになった状態にストレスがたまるという悪循環。断捨離が成功すれば、部屋にスペースができて、掃除が隅々まで行き届くようになります。また、モノがどこにあるのかを把握しやすくなるので、探す時間やイライラが一切ありません。そのシンプルで無駄のない感覚が心地よくて、断捨離に憧れる人が近年あとを絶たないのです。

「空間」を作る方法

明らかに要らなくなったものなのに、捨てるのがもったいないと思うなら、必要な人に売ってみてはいかがですか?オークションサイトを使うと思いのほか、高値で売れるかも知れません。捨てる神あれば拾う神あり…。大切なものを手放すのは気がひけますが、それを大切にしてくれる人はいるものです。必要な人に渡るなら、眠っていたお宝も本望。それで部屋の空間ができれば、断捨離の一歩は成功です。オークションは一度始めると楽しくなり、予想以上の値がつくと喜びもヒトシオです。

一度始めると、手放してもいいものが整理できてくるので、もっと空間ができるはず、という気持ちにシフトしてきます。そうなったらもうこっちのもの。スペースができると、整理整頓するためのアイデアがわいてきて、断捨離度がアップします。「どうしてこんなものを買ってしまったのだろう」、そういったものを発見することで、どんどん新しい空間が姿を現します。古い思い出は心の中にしまっておいて、新しい風をどんどん吹き込みましょう。

日用品は必要なときに買う

断捨離が進むと、無駄な買い物や必要のない日用品を買わなくなります。これからは、「いいものを長く着る」という考え方に切り替えてみてください。安いからといって、日用品のストックを買い過ぎるのもNGです。予備があり過ぎることで、何がいくつあるのかを把握できなくなります。

断捨離の一歩は、無駄な買い物をやめること。いつか使うだろうと思って買った日用品は、あっという間に棚を占拠するものです。家がシンプルなら、隅々まで目が届き、部屋が綺麗になります。それとともに不思議と気持ちが安定していきます。断捨離をキープするためには、意識して買い物は最低限に抑える努力をしてみましょう!

断捨離は始めるまでに時間がかかるものですが、一度ハマると病みつきになります。綺麗な部屋で思い切りお一人様生活をエンジョイしてみてはいかがでしょうか。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA