クラブに行ってみよう

おじさんたちがいつも行くクラブと音楽を楽しむクラブは当然ですがまったく違います。しかし1人で楽しめるスポットとして、慣れてしまえばもしかするとハマってしまうかもしれません。ここは勇気を持って突撃してみましょう!

そもそもクラブってなに?

DJがいるライブハウスで音楽を聴いてダンスを踊り、お酒を飲む、という場所だと思えば間違いありません。しかし音楽について詳しくない方は不安かもしれません。でも音楽を聴くというよりは体感するという感じですから、別に詳しくなる必要はありません。その場で感じるままにしていること、自由に遊ぶことが肝心です。

うんちくおやじは嫌われる

音楽に詳しい方が行った場合、なんとなく周りと音楽の話になるかもしれません。しかしそこで音楽のうんちくをしゃべりはじめたら周囲の若者たちに一斉にうざいと思われてしまうかもしれません。あまり音楽知識を披露するような場ではないことを覚えておきましょう。

クラブにも色んな種類があります。流す音楽も場所によってそれぞれです。オールジャンルの音楽をミックスして流すクラブや、ハウス系のクラブ、テクノで4つ打ちのEDMを流すところも多いです。レゲエやヒップホップ系の店にはイケイケな女性が沢山あつまるイメージがありますので、ナンパ目当ての方はそちらへしぼって行くと良いでしょう。

クラブでの目的は男女の出会いということも否定できません。お酒を飲みながら近くの女性に話しかけてみれば、きっと気軽に話せるはずです。仲良くなったら酔った勢いでそのままクラブのトイレでエッチ、なんていう話も良く聞きます。まあ大抵の場合は近場のホテルへ場所を移して、ということになるとは思いますが。

そんな大チャンスに遭遇したときには、瞬時に男性機能をフル回転しなくてはいけませんよね。そんなときにモタモタして「あれ?勃たないの?」なんて女の子に言われてしまっては男がすたりますし、せっかく盛り上がっているのに水を差してしまいます。そんなことのないように、クラブに行く前にバイアグラを飲んでおきましょう。バイアグラと同じ有効成分で、以前よりも入手しやすいジェネリック薬品も発売されていますので、ED治療専門のクリニックで気軽に処方してもらいましょう。

はじめて行くときは、クラブってなんだか怖い、というイメージかもしれませんが、お酒を飲み過ぎずに、VIP席にも近寄らずにいればそんなにトラブルにまきこまれることはないでしょう。もちろん怖そうな人にはできるだけ近寄らなければ大丈夫です。お一人様が多いクラブでは1人でもまったく恥ずかしがることはありませんので、気軽に足を運んでみましょう。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA