やっぱ、自転車でしょ

マイカーというと男のステータスですが、サラリーマンとなると週末しか乗るチャンスがない…という人も多く、近年は自転車生活に切り替える人も増えてきました。東日本大震災でそのエコが話題になった自転車は、いまも幅広い年齢層から支持されています。ここではお一人様でも気軽に楽しめる自転車ライフを改めて見直してみることにしましょう。

どっち派?自転車VS自動車

車好きの人なら、初めてマイカーを手にした喜びは忘れられないものです。普段気にしないで乗っている人も、改めて自動車の生涯ランニングコストを計算してみると、50年乗り続けた人で約3,000万円かかるともいわれています。車は便利ではありますが、お一人様にとっては、本当に必要なのか見直す価値はありそうです。

自転車はどうかというと、毎月の駐輪場代、擦り減ったタイヤを時々交換する費用などがかかるだけで、コスト的には自動車に比べ圧倒的に有利です。もちろん自動車のほうが断然行動範囲が広がりますし、重たいものや大きなものを買ったときにあると便利です。今はそういったときのための心強い味方、ネットショッピングがあります。マイカーはあるけど、そこまで使う時間がないというお一人様にとっては、自転車ライフに切り替えるというもの手ですよね。

運動不足に自転車を…

お一人様にとって誰にも邪魔されず、自由に時間を使えることは、何よりの幸せ。趣味を十二分に謳歌し、週に何度かジム通いという人も多いです。自宅での入浴代わりにジムの大浴場を利用しているという賢い使い方をしている人もいるかもしれません。しかし、運動好きな人ばかりではありません。運動をしなければと思っていても、週末は疲れて家でだらだらと過ごしてしまうという人が多いでしょう。

そんなとき役に立つのが、自転車です。春や秋の心地よい季節に、自転車に乗って少し遠いところまで買いものに行くだけでも、気分がリフレッシュでき、気持ち良い汗もかけます。汗をかくことで、溜まっていた疲れが取れる上、買い物もできてしまいます。自動車での移動が当たり前になると、ちょっとした距離の移動すら億劫になりがち。これを機に錆びついてしまった自転車を新調してみてはいかがですか?

今、自転車はどんな種類があるの?

自転車と一言で言っても、多くのタイプがあります。おおまかに分類すると、一般車とスポーツ車に分かれています。一般車は、通学や通勤、買い物などの用途で比較的近距離の移動を目的としています。手荷物用のカゴ、泥除けや夜間用ライトが装備され、日常生活で快適に乗ることができ、ファッション感覚で選ぶこともできます。

趣味として自転車を乗りこなす人には、スポーツ車。スポーツタイプは、ロードタイプ、オフロードタイプ、競技用に分かれています。こちらも自分が使いたい用途に応じ、さまざまな仕様の自転車が用意されています。ロードタイプは走ることに重点をおかれているため、余計な装備はありません。乗る姿勢もかなり前傾になるので、バランスをとることが難しく、街で乗りこなすには練習期間が必要になります。

自転車はさまざまな意味でエコな乗り物。車の移動も楽しいですが、自転車に乗り汗を流すのも気持ちがよいものです。ぜひこれを機に、自分の”自家用車”を見直してみるのも悪くないでしょう。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA