意外と楽しい一人バーベキュー

ひとり焼肉という楽しみ方もあるんだから、一人バーベキューもありです。ここ最近では、一人バーベキューをしている様子をSNSにあげている人も増えてきました。みんなでワイワイ楽しむものというイメージが強いですが、やってみると意外と一人でも満喫できるようです。

場所は広々とした河原や山林がベスト

一人でするイメージがないバーベキュー、しかし最近では一人バーベキューに挑戦している人が増えつつあります。そのため、一人バーベキュー用の道具もかなり売り上げが伸びています。いざ一人バーベキューをするにしても、何をどうすればいいのか分からないこともあるはずです。そこでここでは、知っておきたい情報をまとめてみました。 ーベキューなら、そんな心配は不要です。

基本的には広々とした河原や山林が一人バーベキューの場所として最適です。ソロキャンプっぽい雰囲気をだして、一人バーベキューをするのもなかなかおつな楽しみ方といえます。山林や河原などはバーベキュー場ではないので、火気厳禁というとろも多いです。事前にバーベキューをやっても問題ないかどうかを必ず確認してください。とりあえず一人だからといって、自宅の庭やベランダでバーベキューを行うのはやめておきましょう。一人用の小さなグリルでもそれなりに煙は出でいます。近所の人に煙たがられてしまうので、やめてください。また、大勢で利用している人が多く集まるところもおすすめはできないです。周囲の楽しそうな笑い声などが聞こえてくると、寂しい思いをしてしまうかもしれません。

一人バーベキューの魅力

一人バーベキューは一人だからこそできる魅力がたくさんあります。大勢でバーベキューをしている場合、他にも食べる人がいるのでどんどん食材を焼かないといけません。一人なら誰にも気を遣う必要がないため、準備が終われば後はのんびり食事を楽しむことができるのです。 ーベキューなら、そんな心配は不要です。

自分だけなら他の人の分までお肉を焼く必要がないですし、お酒を無理に進められることもありません。お肉が良い焼き具合になるまでじっくり焼け、一番おいしく食べれるときに味わえます。一人だと準備や後片付けが面倒と思うかもしれませんが、一人分の食材をただ焼くだけなので、実際そんなに大した手間はかかりません。気遣い症の人がバーベキューに参加すると、ちゃんと全員にお肉が行き渡っているかどうか気になってしまい、ほとんど食べられなかったなんてこともありえます。でも、一人バーベキューなら、そんな心配は不要です。

また、一人でバーベキューをするということは、自分が好きな食材を好きなだけ食べられるということです。なにを用意するかは自分で決められるのだから、好物のみ揃えられるうえに、苦手なものを皿に乗せてくる人もいません。一切の憂いを感じることがない一人バーベキューは、食の喜びを思う存分に満喫できるでしょう。

おいしさを追求するなら一人バーベキュー

大勢の人で楽しむだけがバーベキューというわけではありません。開放感あふれる屋外で炭火で焼いた食材を味わう…、おいしさのみを追い求めているのなら、むしろ一人の方が断然向いています。自分が好きな食材をたくさん揃えて持ち運びが楽なコンパクトなグリルがあれば、一人バーベキューを思いっきり満喫できます。一人で楽しむバーベキューの良さを知れば、あなたも一人バーベキューを思いっきり楽しむことができるでしょう。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA