芸術の世界でゆったりお一人様の時間

読書や陶芸、絵画といった芸術は、お一人様の時間を有意義で楽しいものに変えてくれます。特に、今まで触れてこなかった分野に足を踏み入れそれを理解できれば、一気に新たな世界が広がることでしょう。「でも、この歳になるとそういうのは面倒で・・・」と思うかもしれません。しかし、芸術の扉は案外軽いもの。ご自身の意志さえあれば、実は簡単に飛び込むことができてしまいます。未知の"楽しさ"に触れることで、これまで知らなかった・気付かなかった新しい自分に出会えることでしょう

本を買わずに図書館で借りれば経済的でおサイフに優しい

今はデジタルの時代です。スマホやタブレットを使い、電子書籍で読書を楽しむ方も増えてきました。確かに色んな本を持ち歩くより、電子書籍ならかさばらない、本が邪魔にならないというメリットもありますが、ここはちょっと視点を変えて、お休みの日を利用して図書館へ出かけてみませんか? 

普段であれば、本の購入は自分の欲しいものに限定されます。しかしそれでは、お金がかかってしかたありませんよね? 図書館であれば、館内で好きなだけ読書欲が満たせます。気になったものは貸し出しを行い、自宅に持ち帰ることも可能。なによりお金がかからないので、いつもなら手に取らなかったジャンルにも手を伸ばせる……これが新しい世界観を堪能できる一歩になるのです。

静かな図書館内でじっくり楽しむもよし、貸し出してもらって自宅で堪能するのもよし。中には料金がかかりますが、漫画喫茶のようなお洒落なところあります。ちょっと遠出をしていつもと違う図書館を楽しむのもいいでしょう。

一度体験するとハマる陶芸の世界

「心が疲れた時は畑仕事をするといい」という話しを聞いたことはありませんか? これは、人は土に触れると不思議に心が安らぐからです。お一人様の中には、ハードな毎日で気持ちがボロボロ、体はクタクタ、という方も大勢いらっしゃいます。そんな方にお勧めなのが陶芸です。

はじめての場合でも心配ご無用。ほとんどの陶芸教室では初心者向けの体験レッスンを開催しています。あくまでも平均ですが時間はおよそ2時間程度、料金も3,000円前後とリーズナブルです。

特にテーマは設けていません。自分が作りたいというものの基本を教えてくれて、あとは自分の好きなように作り上げればOK。世界にひとつだけの作品が誕生します。作品の底の部分に自分のサインを入れたら、まるで本物の陶芸家になれたような気分を味わえるでしょう。忙しいときこそ時間を見つけて陶芸教室に足を運んでみてください。陶芸の面白さを知れば、きっと夢中になってしまうことでしょう。

芸術の世界は奥深く、思考も視点も変化するらしい

最後に美術館へ行ったのは遠足や修学旅行のとき。そもそもこれが初の来館で、それ以降頭をよぎることもなかった、という男性も多いのはないでしょうか? ところが、最近になりお一人様を楽しむ方法として美術館に訪れる方が増えてきているようなのです。

実は、美術館は"一人だからこそ楽しめるもの"と言えます。作家や作品の名前を知らない個展でもOKですし、誰もが知っている有名な芸術家の個展でももちろんOK。誰かを連れ立っていけばその相手に気遣ってしまいますが、一人なら時間は自分一人のためだけに使えるのでオススメです。

授業のように、この絵を見て何を感じたかなど感想を求められることがないのも、お一人様美術館の気軽でいいところですね。有名芸術家や大きな個展の場合は芸術家に関するグッズを販売することもあります。自分の部屋に似合う雑貨を探す楽しみもありますよ。

芸術や美術の世界は慣れ親しんでいないと自分には関係のない世界と思いがちですが、一度その世界に触れると「こんなに楽しいものなのか」「まさか自分がハマるとは」とビックリすることがあります。お一人様タイムを楽しむ方法、手段を増やすきっかけになれば幸いです。

上級者のお一人様に楽しみ方・実録体験談

Copyright© 2013 www.macscene.org All Rights Reserved.

写真提供:PAKUTASO モデル:OZPA